観光の最小催行人員

観光ガイド記載の最小催行人員

観光旅行の時に注意したいこと

観光旅行に行く時に注意したいことは最小催行人員についてです。最小催行人員というのは、その人数に達しなければ、その旅行は成立しない人数のことを言います。お客様がその人員分揃わない限り、その旅行は行われないので、キャンセルとなる場合があることに注意が必要です。観光ガイドにこれが注意書きとして掲載されている場合には注意が必要です。人気の場所なら、キャンセルになるということはほとんどありませんが、シーズン外などの場合には、キャンセルとなる場合もありますので、旅行の予約の際には注意しておくと良いでしょう。

旅行のガイドについて。

旅行のときにあると助かる観光ガイドは、前からある旅行情報誌や旅行会社のパンフレットなどの他にスマートフォンで使えるアプリなども豊富にできて、行きたい場所に行く方法が分かりやすくなりました。地元の方しか知らないようなお店や場所も、各SNSやテレビ番組などのおかげで知る機会が増えました。バスツアーのガイドさんは、現地でしいれたリアルタイムな情報をお客さ様に伝えています。また都心部では観光案内所というものが設けられていたり、各施設には案内係の者が居るので安心して案内や紹介をしてもらうことができます。自分に合った方法で旅行を楽しく満足いくものにしましょう。

↑PAGE TOP